辛いとき、子供の頃を思い出すことはありませんか?

ある程度の年齢から、そういった現象が起きるようで、
20代よりは、30代過ぎてからの方が多い現象だと思います。

この「子供の頃を思い出す」というのは、
今を辛いと考えているときや、今の自分に納得できない時が多く、
理想の自分と現在の自分に差が大きいときに起きます。

それは、子供の頃が特別に幸せな状態ではなくても湧いて来るもので、
子供のころに戻りたいという感覚とは少し違います。

「子供の頃、将来の自分がこんな風になると思っていなかった・・・」
という感じが近いと思います。

そこから、子供の頃に戻ってやり直してみたいという考えに発展したときには、
「子供の頃に戻りたい」という感覚になると思います。

そんなとき、切り替えてやり直してみませんか?

人間は生きている限りやり直すことができます。

60歳、70歳になっていたとしてもやり直すことは可能です。

もちろん、若いときのような体力はありませんし、
容姿も変わっていると思います。

でも若いときにはなかった知識や人脈を持っていて、
便利な世の中に変わっているのですから、
効率良く物事を進めることができるのです。

行きたいところがあれば、
昔よりも早く移動することができるようになっています。

なりたいものがあれば、
昔よりもずっと年齢制限が少なくなっています。

むしろ、若いときに始めても上手くいかなかったと思えるものもあり、
今だからできることだってあるのです。

このブログを読んでいただいている方は、
恋愛で悩んでいる方が多いと思います。

また、その恋愛で人生が狂い、
お金や人間関係の問題を抱えている場合もあると思います。

でも、今をゼロとしてスタートすることを考えれば、
どの方向にだって進めるのではないでしょうか?

もし、マイナスからのスタートだとしても、
ゼロに持っていく方法はあるはずです。

分かりやすいところでお金に例えると、
200万円の借金をしていて、生活も行動も思ったようにならないとします。

もちろん、心に常に負担がかかっている状態です。

その借金をゼロにするとしたら・・・

・生活費+返済分以上の収入を得る方法を考える
・任意整理をする
・自己破産の手続きをする
・宝くじを当てる
・一括返済で肩代わりしてくれる人を探し、その人に少しずつ返す
・ローン会社、クレジット会社に相談する

その他にも解決策はあるかもしれません。

任意整理はクレジット等が一時的に使えなくなりますが、
様々な権利は残り、元金だけを返していくという形です。

自己破産は人生の内に一回だけ許されている救済措置で、
様々な権利を失いますが、借金を払わなくて良い状態になります。

絶望しなくてもいいんです。

生きる権利はあり、苦しい時期はありますが、
それでもゼロからのスタートをすることは可能なのです。

もちろん、宝くじが当たって借金が返せてしまえばラッキーですし、
生き方を変えたときに、生活費+返済分以上の収入を得ることもあります。

そんなラッキーを期待できないというのであれば、
誰かに頭を下げてお願いしてもいいのではないでしょうか?

そして、心を軽くして再スタートをするのはいけないことでしょうか?

今、重たい心を抱えて苦しんでいるのであれば、
そのまま解決することを頑張るのではなく、
ゼロに戻して心を軽くして再スタートをする方法を考えてみませんか?

もし、今、頻繁に子供の頃を思い出すようでしたら、
思っていた自分になれていないのだと思います。

そんな時、今の継続ではなく、切り替えることを考えてみてください。

いつでもやり直すことはできるはずです。